Palo Santo

NY周辺のサステナブルに感度の高い人々から
今注目を集めている南米原産の神秘の香木
職人の手で1つ1つ手斧でカットされた
木の風合いがインテリアのアクセントに

●ルームフレグランスとして
●自然素材のアロマとしてリラックスや集中力UPに
●お部屋や空間の浄化(瞑想・ヨガ等)に
11件 [ 1-11 ]
< PREV
NEXT >
11件 [ 1-11 ]

【パロサントとは】
「聖なる木」と言われる南米産の神秘の香木「パロサント(Palo Santo)」。火をつけて焚けば濃厚な甘い香りがお部屋いっぱいに広がり、邪気を払い幸福を呼び込むスマッジング(=「燻す」の意)として利用できます

【パロサントの燃焼方法】
.僖蹈汽鵐箸離好謄ックにライターなどで着火させます。
火をつけて煙が出たら手で扇ぐように火を消し、煙だけが出る状態にします。
持ち歩きながらお部屋に煙を行き渡らせます。
け譴鮃圓渡らせたら、2、3分ほど自然に煙が立たなくなるのを待ちます。

【自然の香りをそのままで】
火を灯さずとも濃厚な甘い香りは精神を落ち着かせる癒しアイテムとして◎ パロサントだけお好みの器に入れてリビングや玄関のインテリアとして飾るのもおすすめです。

【ワシントン条約で保護対象のパロサント】
ワシントン条約で保護対象のため伐採ができないパロサント。この製品はパロサントの木を傷つけることなく、森の中で自然倒木した木のみを処理しています。パロサントの中でも高い香りを持つ、倒木してから数年を経過した希少なパロサントの木を使用しています。

【パロサント原産国エクアドルから直輸入】
すべての職人とその家族に社会的および経済的富をもたらすために、持続可能で環境に優しい製品を提供するというフェアトレードを掲げるエクアドルの企業から直輸入しています。

【すべて職人の手で製作されています】
当店のパロサントはエクアドルの職人がすべて手斧でカットしています。そうすることで余分な熱が加わらず、香りが最大限に残ります。手斧カットした自然なフォルムはインテリアとしても活用できます。